債務の解決法

書籍の折込チラシ、街中に見られる宣伝広告やDMなどで、「債務の効率化いたします」「多重負債を一本化したくないですか」という惹句を見ることがあります。

 

こういったものは、「整頓人」「買取屋」「つなぎ業者」という名の悪徳業者の詐欺広告のケースも存在します。

 

使用した際には自己破産プロセスの中で一番重要な免責許諾を受けられないリスクもありえます。

 

「整理人」の場合ダイレクトメールなどで負債者を寄せ集め高額の手数料を取り債務整理をするのですが、結局は整理はされず、さらに借金地獄に落ちることがほぼすべてと予想されます。

 

「買取専門人」とは当人のクレジットで、デジタル用品、コンサートの利用チケットを山ほど購入させて負債者から購入した物品を定価の1割や額面半値で購入するというやり方を使っています。

 

借金者は瞬間的には小金が懐に入りますが、必ずカード会社から品物の販売額の請求が送られて来ることになり、結局のところ負債をアップさせる結果となります。

 

この際はクレジットカード会社相手の詐欺に当たるとされて免責許諾を手に入れられなくなります。

 

「紹介屋」の場合は、大口の貸金から断られるようになった債務人に貸出は全くせずに、提供をしてもらえる同業者を知らせ、法外な依頼料をもらう悪徳業者です。

 

紹介業者は専門的な手引きで金貸しが受けられたというように説明しますが本当のところは何もしていなくて単に規程の甘い企業を把握しているというだけなのです。

 

この場合だと現実には債務を増加させることになります。

借金 減額については効果的な方法があります。